生命保険ONE

見直しましょう!生保契約

*

保険営業の伝統的手法GNPとは?

   

生命保険にはGNPという業界用語があります。

国民総生産ではありません。

保険営業のGNPとは「義理(G)、人情(N)、プレゼント(P)」のことをいいます。

最近の若い人はこういった手法に対しクールに対応できるので中々、通用しなくなっていますが、今でも地方の保険営業においては、この伝統的手法が有効です。

頻繁にお客さんを訪問し、

「最近調子はどうですか( ^ω^ )」

などと世間話をし、人情ポイントを稼いだり、何年も新しい保険に入ってくれない契約者に対しても義理堅く礼状を送ったりして、信頼度を高めつつ、子供の入学祝やお中元、お歳暮、誕生日祝いなどで欠かさずにプレゼントを贈るのが基本的な手法です。

義理人情プレゼント

高齢者や地方の人々は、こういったアプローチに対して弱い人が多く、ついついほだされて保険を契約してしまいます。

「こんなに親切にしてくれているのだから、お返しをしないと悪いな。どうせ保険には入らないといけないと思っていたし。」

このように顧客に思わせればもう契約をとったようなものです。

しかし、プレゼントなんて実はせいぜい数千円程度のもの。

逆に支払う保険料は月々1万円だとしても1年で12万円、30年契約を続ければ360万円にもなります。

ちょっとしたプレゼントで心をほだされて、無駄な保障を付けてしまうのは愚かな行為だと心得ましょう。

義理人情に弱いという方は、決してプレゼントをもらってはいけません。

必ず贈られたその場で、毅然とした態度で断ってしまいましょう。

保険の営業は毅然とした態度に弱いので、スーッと引いて行くことでしょう。

 - 元職員が語る生命保険の裏話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

だまされないで!保険会社が使うあの手この手

乗せられないで!生保のセールス手法 保険の営業が「とにかくしつこい」というのは、 …

保険の万が一ってどのくらいの確率なの?

保険会社の謳い文句に「万一に備えて」というのがありますが、実際にその「万一の状態 …

複雑怪奇 生命保険会社の職員(社員)構成

ひとくちに生保職員(株式会社の場合は社員)といっても実は様々な職種があり、お給料 …

7月・11月・2月の保険営業には気をつけよう!

保険会社には年に3~4回程営業ノルマが2倍近くになる月があるというのをご存知でし …

生保のセールスレディってどんな人たちなの?

生保のセールスレディってどんな人たちなの? しつこい営業で時に迷惑がられることも …

先進医療特約って本当に有効なの?

最近、保険会社の広告で「先進医療特約」という言葉が盛んに謳われています。 健康保 …

保険会社の試練…金融庁監査

金融庁の監査といえば、ドラマ「半沢直樹」で一躍有名になった片岡愛之助演じる黒崎検 …

生保レディの枕営業ってホントにあるの?

先日、テレビで保険の「セールスレディの枕営業」が取り上げられて話題になっていまし …

生保営業の最前線 支部の雰囲気は?

生保の営業拠点である「支部」は、異色の空間です。 通常のオフィスの風景とはまった …

元大手生保社員のここだけの裏話

元生保の社員(職員)が語る会社の裏側 私は、数年前まで生命保険会社の職員でした。 …