生命保険ONE

見直しましょう!生保契約

*

保険会社の社員は自社の商品に入らない?

      2015/05/11

保険会社の主力商品といえば、「みらいのカタチ」や「順風ライフ」、「ライフアカウントLA」など生保各社がCMに力を入れているため、名前ぐらいはご存知の方も多いと思います。

これだけ広告しているおススメ保険なのですから、それぞれの会社の社員(職員)もみな自社の主力商品に当然のように加入しているとお思いでしょう。

39265040_s

しかし保険会社の社員は、あまり自社の主力商品に入りたがりません。

実際に私も加入していませんでした。理由は2つほどあると思います。

①主力商品が保険商品として魅力的ではないことをよく知っている。
②主力商品よりはるかに割安な社員専用団体保険がある。

保険会社にとって主力商品というのは、売れば売るほど儲かるドル箱商品です。

金融商品の場合、売る側の利益が大きい商品は、その分、消費者が割りを食う商品だと言い換えることができます。

社員は、そのことを誰よりもよく知っているため、なるべくなら加入したくないと思っています。

また福利厚生の一環として、大変保険料が安い団体保険が用意されています。これら社員専用団体保険は、保険料も破格の安さで、さらに配当金も非常に多いです。

保険料から配当金の分を差し引くと、一般消費者が加入できるどの保険よりも安くなります。

このような制度があるため、主力商品に加入する必要がそもそもないのです。

最近では、各社とも社内キャンペーンで自社の保険に加入する圧力が高まっているようですが、反発は大きいようです。

 - 元職員が語る生命保険の裏話

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

しつこい!生保の営業を上手く断る方法はあるの?

生命保険のセールスレディに一度つかまってしまうと、しつこく訪問、電話などの営業行 …

先進医療特約って本当に有効なの?

最近、保険会社の広告で「先進医療特約」という言葉が盛んに謳われています。 健康保 …

生命保険会社の本社出世競争

高学歴の社員(相互会社の場合は職員といいます)が多い大手生保の出世競争は熾烈です …

生保の支部ってどんなところ?

生保営業の最前線である支部(営業所といったり営業オフィスという会社もあります)は …

複雑怪奇 生命保険会社の職員(社員)構成

ひとくちに生保職員(株式会社の場合は社員)といっても実は様々な職種があり、お給料 …

元大手生保社員のここだけの裏話

元生保の社員(職員)が語る会社の裏側 私は、数年前まで生命保険会社の職員でした。 …

生保営業の最前線 支部の雰囲気は?

生保の営業拠点である「支部」は、異色の空間です。 通常のオフィスの風景とはまった …

7月・11月・2月の保険営業には気をつけよう!

保険会社には年に3~4回程営業ノルマが2倍近くになる月があるというのをご存知でし …

なぜ高い?大手生保の保険料

なぜ高い?大手生保の保険料 大手生保の保険料は、その他の生保とくらべると非常に高 …

注意!稀によくいるタチの悪い保険営業

保険会社といえば大企業、そこの従業員に変な人なんているわけない。そんな先入観をお …